MISO POTA KYOTO

  • JAPANESE
  • ENGLISH
  • MISO POTA KYOTO facebook
  • MISO POTA KYOTO twitter
  • MISO POTA KYOTO instagram

2018.02.02 みそまろコラム

初めて手作り味噌を作るとしたらいつがいいの?

まいどおおきに。みそまろです。ぺこり。

てへへいきなり失礼いたしました。
一回やってみたかったんですこれ。

え?ある意味今じゃないですか。

さて、何が今なのか、と申しますと

「自家製のお味噌を作るとしたら」

です。それが今なんです。

寒仕込み言いまして、1月下旬から2月の寒い時期にかけて味噌を仕込むのが一般的です。

なぜなら、冬、春、夏と徐々に暖かくなると同時に発酵・熟成が進み、秋(10~11月)に気温が下がることで味噌が完成という、季節の移り変わりと発酵のタイミングがバッチリ合っており、失敗が少ないのです。
(それ以外の時期に味噌を仕込むこともできますが、気温や味噌の様子チェックするなど、ちょっと経験が必要になります)

手作り味噌を作る手順を簡単にご紹介しましょう。

手作り味噌を作る手順
1.乾燥大豆を一晩水に浸す
2.3時間煮る(圧力鍋なら2~30分)
3.豆を潰す
4.塩、麹を混ぜた”塩きり麹”を作る
5.潰した豆と塩きり麹を混ぜる
6.団子状にまとめる
7.容器に空気を入れないように詰める
8.落としラップをし、中蓋をする
9.重石を乗せる

もっと詳しくお知りになりたい方は、【味噌 作り方】で検索しますと、いろんなお味噌屋さんが紹介してくれてはりますので、お好みのタイプを探してみてくださいね。

大豆を水で戻す作業を含めると2日ほどで作業は完了しますし、お味噌屋さんによっては、材料を全てセットにして販売してはったり、熟成させる容器も一緒に販売してはるお店もありますよ。

材料をまとめて購入したい場合は、【手作り味噌セット】と検索してみてくださいね。

皆さんも、ほんまもんの「我が家の味」を作ってみませんか?

最後まで読んでくれはって、おおきに。

やみつきの黒(電子レンジ対応 常温パック)160g 550円(税別)

お取り寄せはこちら

マッシュルーム&トマトのみそポタに
パンを添えて満足朝食!