2016.08.16 コラム

【京情報】毎年8月16日は五山送り火の日。

五山の送り火(通称:大文字焼き)とは、お盆にお迎えした精霊をお送りする行事で、毎年8月16日にかがり火を五つの山で焚きます。
街の灯りも消え、東から西へ次々点火されてゆく送り火は、約1時間静かに燃え続け、その間、京都市内は幻想的な雰囲気に包まれます。

 

以下が点火の順番です。
本日8月16日に京都にお越しの皆様、是非、幻想的な京の夜を味わってくださいませ。

(1)
大文字(午後8時点火)
-東山如意ヶ嶽

(2)
妙法(午後8時5分点火)
妙は松ヶ崎西山-万灯籠山
法は松ヶ崎東山-大黒天山
(3)
船形(午後8時10分点火)
-西賀茂船山

(4)
左大文字(午後8時15分点火)
-大北山

(5)
鳥居形(午後8時20分点火)
-嵯峨鳥居本曼荼羅山

 

◆よく見える場所
大文字 賀茂川(鴨川)堤防〔丸太町大橋〜御薗橋〕
妙   北山通〔ノートルダム女学院附近〕
法   高野川堤防〔高野橋北〕
船 形 北山通〔北山橋から北西〕
左大文字 西大路通〔西院〜金閣寺〕
鳥居形 松尾橋・広沢の池など