MISO POTA KYOTO

  • JAPANESE
  • ENGLISH
  • MISO POTA KYOTO facebook
  • MISO POTA KYOTO twitter
  • MISO POTA KYOTO instagram

2019.02.01 みそまろコラム

○○を味噌に変えて、いつもの味をリボーンさせましょ!

みそまろ

まいどおおきに。みそまろです。ぺこり。

もうすぐ節分ですね。
全国的にも恵方巻を食すようになってまいりましたが、みなさんはどんな具材がお好みですか?七福神にちなんで7種を入れるとええそうですよ。

まろは、今年は焼肉とサンチュ巻を巻いてみようかな、すし飯やなくて炊き込みご飯に白菜のお漬物を具にするのはどうかな、肉味噌とクリームチーズもおもろいんちゃう?とワクワクしております。

定番をちょっと変えてみると、それだけでちょっと気分も変わりますよね。
今回は、○○を味噌に変えることで、いつもの味を生まれ変わらせてみませんか~というご提案をさせていただきたいと思います。

【トーストのバターを味噌に変えてみる】

食パンに、バターやマーガリンを塗って食べる方は多いかと思いますが、腹持ちは良くてもちょっと体が心配、という方におすすめの食べ方がこちらです。

1.食パンに味噌を小さじ1塗る
2.ちりめんじゃこを散らす
3.焼き海苔をちぎって散らす
4.ピザ用チーズを散らす
5.トースターで3分ほど焼いたら完成!

味噌のしょっぱさがチーズでまろやかになり、海苔の風味も活きて世代を問わず美味しくいただけると思います。
それに、カルシウムやタンパク質、食物繊維も一度にとれるのも嬉しいところ。
野菜も欲しいわ~という方は、ここにブロッコリーや茹でほうれん草なんかを刻んで乗せてもグッドです。

【納豆のタレを味噌に変えてみる】

市販の納豆、最近はタレの味のバリエーションが増えて選ぶのも楽しいですよね。
「でも正直、添加物がちょっと気になる~」という方にお試しいただきたいのが、タレをお味噌に変えちゃう方法です。

1.納豆をよく混ぜておく
2.味噌小さじ1を加える※
3.お好みで生卵を1個加える
4.さらに混ぜて完成!
※パックの大きさや好みによって調整してくださいね

付属のタレも美味しいのですが、味噌に変えることで発酵食品(納豆)×発酵食品(味噌)になります。
腸内環境を整えている腸内細菌たちから、黄色い歓声が聞こえてくる納豆になりますよ。
卵も入ればなおさら栄養もアップ!糖質制限をされている方は、これをお海苔でクルリと巻いて食べてもええですね。
味噌に熱を加えていないので味噌の中の乳酸菌たちも生きたままお口に入ることになります。

【マヨネーズを半分味噌に変えてみる】

マイマヨネーズを持ち歩く人がいてはったり、何にでもマヨネーズをかけて食べたいというマヨラーさんがいてはったりと、マヨネーズは大人気の調味料ですよね。
まろもポテトサラダや、タマゴサラダには欠かせませんが、ちょっとカロリーも気になります。
ですので、いつものマヨネーズの量を半分にし、残りの半分をお味噌にしちゃうんです。

そう「味噌マヨ」です。サラダにも美味しいし、生野菜をディップしても美味しいですよ。
こちらも味噌の乳酸菌が生きたままお口にいれられるのが嬉しいところ。

いかがでしょうか。
いつもの味をちょっぴり変えて、しかもお味噌の栄養も丸ごととれる、そんなメニューにリボーンさせてみませんか?

よろしかったらお試しくださいね。

最後まで読んでくれはって、おおきに。

みそポタ冷凍パックお試しセット
7袋 3,850円(税別)

ご注文はこちら

いつもの味噌汁をみそポタに変えて
調理時間を短縮!